気まぐれヨーキーがいく♪

~チョコラの楽しい毎日~
2012年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2012年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年02月
ARCHIVE ≫ 2012年02月
      

≪ 前月 |  2012年02月  | 翌月 ≫

おもうこと・・・


~~~~~~~~

飼い主のつぶやき


日曜日のチョコラの足を見た瞬間。やってしまった!と思いました。

膝以外考えられないと。

1歳に満たない時に両膝手術して、それから間もなく、伏せの足がおかしいことが度々ありましたが、

あまりに大変な手術だったため、もう2度とこの手術はするまいと決めてましたので、観察だけしていました。



P2050514_convert_20120226223153.jpg


膝が正しい位置にある伏せの時と、そうでないときが見られました。

手術しても100%には治らなかったのだから、このままいこうと思っていました。


P2181751_convert_20120226223930.jpg


生活に支障がないので、このままいってほしかったのですが、進行していたのでしょうね。

よく動くお転婆チョコラを、ちゃんと制限できませんでした。

先生から手術といわれても、すぐに受け入れることは難しいです。

話を聞いていて、涙が出てきました。

またこの仔に手術をさせなくてはいけないのか?今日の日がなかったらいいのに・・・


私は、ナースの仕事をしています。だからいろんなケース(人間ですけど)を見てきました。

ドクターが手術を進めるということは、それが最善の策であるということも分かります。

手術をする選択よりも、しない選択を選ぶ方が、この先過酷な状況になるかもしれないということも・・・

そして、しない選択を選んだ時には、もう後戻り出来ないことも・・・

だけど、手術の決心がつきません。まだ、診断を受けてすぐなので頭が混乱してます。

一度目の手術で味わった思いを、もう一度するのが嫌なのです。

今でも思い出すのが、1週間入院させて、毎日面会に行った後の別れ際に、切ない声で泣かれたことです。

2か月間の安静期間も辛かったです。

いつもそばにいたがるチョコラをずっとゲージの中に入れておかなければならないこと。

ゲージの中に一緒に入って傍にいたこともありました。手術後でもお留守番させなくてはいけなかったことも。

どれもみな、つらい思い出になっています。

そしてなにより、チョコラをもう一度辛い目に合わせるのが嫌なのです。

病院から帰ってきてからのチョコラは、普段と何も変わりありません。


P2263005_convert_20120226230822.jpg


最初の手術をするときも1カ月くらいは悩みました。

なぜ手術に踏み切ったか思い出すと、チョコラをもっと自由に遊ばせたいという気持ちからでした。

保存療法の時は、運動制限してましたので。


この先何年か、チョコラを自由に遊ばせてあげたい。

でも、すぐには結論出ません。いつになったら結論出せるのかも分かりません。

チョコラと向き合いながら、少し時間が必要です


日曜日の出来事、夢だったらいいのにな


P2262980_convert_20120226232037.jpg




~~~~~~~~

ここまでが、日曜日の夜に書いた記事です。

ほんとにたくさんの皆様にご心配いただき、ありがたい気持ちでいっぱいです。

日曜日と今とでは気持ちも変化します。少し落ち着いてきたことと、皆様のご意見を聞くことが出来て、

しっかりしなくてはという思いになれました。

夫婦間でも意見の相違があります。でも、手術の方向で考えています。

長い目でチョコラを見てあげないといけませんよね。

セカンドオピニオンも視野にいれて、もっともっと考えて、チョコラのためにも早く決心したいと思います。




  



ランキングに参加中です

チョコラの応援のクリックしてもらえたらうれしいです


にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

膝蓋骨脱臼。再び・・・



  チョコラです



  日曜日。ママさんがチョコラにおリボンつけてくれました。



  ベソベソ・ボサボサなチョコラばかり写真載せてるから、気にしたみたいです。


P2262877_convert_20120226210353.jpg


  これが、ママさんの限界です。とっても頑張った結果です



  おリボンして、お出かけです今日は爪切りに行ってきます。


P2262919_convert_20120226210926.jpg



  そして、無事爪切りも終わって、さぁ、お散歩のときに・・・・あれれっ



  チョコラの後ろ足、ヘンになっちゃいました



P2262930_convert_20120226211926.jpg




  ママさん、パパさんビックリして、そのまま病院行きです



P2262937_convert_20120226212935.jpg


  病院に着くころには、歩き方自然に治っていました。



  そして、病院の先生の診察受けました・・・・




 先生のお話。

 両膝が外れてる。手術した方がいいでしょう。前の手術から5年くらいたってるから、外れてもおかしくはない。

 結局、その仔が変わらないから、同じように階段使ったり、

 ジャンプしたりしてしまってまた外れてしまう。

 手術して半年くらいで再発する仔が多いけど、こういうケースもある。

 今、外れたというわけではなさそう。

 もっと前から外れていたけど、この仔がその状態に慣れていたのでしょう。

 膝のお皿が収まる部分が丸くなっている状態。このままだと、水が溜まったりする。

 外れたまま筋肉がつく可能性もある。今後どうなるかは分からない。

 手術をするなら早い方がいい。

 手術をしないと、また今回のようなことがあるでしょう。

 手術をする方が、今よりはいい状態になる。前の手術より少し難しい。





  パパさん、ママさんショックを受けて、そのままお家に帰ってきました。


  チョコラは足も付けるようになって元気です。



P2262954_convert_20120226220332.jpg



P2262981_convert_20120226220531.jpg



  泣きそうな飼い主のつぶやき、長くなりそうなので明日に・・・








ランキングに参加中です

チョコラの応援のクリックしてもらえたらうれしいです


にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村