気まぐれヨーキーがいく♪

~チョコラの楽しい毎日~
2017年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年12月
ARCHIVE ≫ 2017年12月
      

≪ 前月 |  2017年12月  | 翌月 ≫

ビニール袋①

チョコラがビニール袋を誤飲しました。

13日。
仕事から帰宅すると、すぐにおう吐したチョコラ。
いつもの空腹時の胃液かなと吐物を片付けていたとき。
胃液だけじゃない。何か。に気付きました。

吐物を集めて水で洗うと、スーパーでご自由にお持ちくださいの
ビニール袋がちぎれた状態でいくつもありました。

この日は、お義母さんが昼間チョコラの散歩に来ていたので
様子を聞くと。昼に家に行ったときにはすでにビニール袋が
散らばっていたとのこと。

すでにかかりつけ医は診療時間外だったため。
地元の夜間、動物医療センターへ。

診察。レントゲン検査。エコー検査。
結果。ビニールはレントゲンには写らないが
胃の中に。何かがあるような感じがすると。
朝食べた食事がまだあることは考えずらいが、何かは分からないと。

異物誤飲の場合。
飼い主の目の前で誤飲しました。で、すぐ病院連れてきたというのが
一番、判断は難しくないのだそうだが。
チョコラの場合。誤飲してから相当な時間が経過したと考えられる。
どこまで、アプローチしていくのかの判断が難しいのだそう。
ドクターから提案された選択肢は。
とりあえず吐かせてみる。内視鏡をする。
ただし、内視鏡までしても胃の中から何も出てこないかもしれないし。
それはやってみないと分からない。
とりあえず吐かせても。出てくるか?出てきたとしてそれで全部か?
胃の中に残っていないか?という見えない部分での限界がある。

迷うことなく。内視鏡をお願いしました。
夜間の救急病院のため重症のワンちゃん猫ちゃんが多い中。
チョコラの内視鏡の処置は夜中になるということで
飼い主は自宅待機となりました。
深夜2時半。これから処置しますと病院から電話。
結果的に、胃の中にもちぎれたビニール袋がたくさんありました。
取り除ける分は取り除いた。便と一緒にビニールが出るかもしれないが
このあと二日くらい、体調に変化なければ大丈夫でしょうと言われ
朝方、チョコラを連れて帰宅しました。


1216 (36)


病院にいるときも。朝、お迎えに行ったときも
まったく辛そうではなく。
むしろ。すこぶる元気いっぱいだったチョコラ。

帰宅するなり。なんか食べたいー。って

ゴハンは食べさせていいということだったので


1216 (39)


あっという間に完食してました。


つづく







ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
いつも応援、メッセージありがとうございます。


Instagram
スポンサーサイト



体調・病院 | Comments(-) | Trackbacks(-)